ビフォーアフター Befor After

初めての投稿になります。
よろしくお願いいたします。
少し、緊張気味ですが。。。
たまに暴言などもありますが、緊張のためという事でお許しくださいませ。

私は今、ヨーロッパでファッションデザイナーとして活動していますが、
日本にいたときは、11年間のプロファッションモデルを経て後
7、8年ファッションコーディネーターとして活動していました。
活動内容としては、ファッションショーのコーディネート、プロファッションモデル養成講師、
コスチュームデザイン、制作、店舗改装、ブライダルコーディネーター、
中でも、個人様のコーディネート、ビフォーアフターは、一番私が楽しめた分野であります。
何故かといいますと、
スポンサークライアント様方のご意見を聞かずに自由に発想できた事、
また、出来上がった写真をお客様とキャーキャー言いながら、感動を分かち合えたことだったと思います。
今現在のファッションデザイナーのお仕事に繋がっていく私のプレビアスワークたちですが、
長期に渡り、少しずつ、お話できればと思います。
どうぞお付き合いくださいませ。

それでは、美のテーマ、ビフォーアフタ、
お化粧、姿勢で、女性はここまで、変われる!
です。
b0195515_2312222.jpg
photo/hair make-up by AKEMI

第1回目 美しく歩く
中々、鏡の前で、自分の歩く姿、食べる姿、座姿、見る機会は無いと思いますが、
今までとは、少し違う印象を与えたいなと思う方は、是非お試しあれ。
まずは、鏡の前で、歩いて見ましょう。(鏡が倒れないように気をつけてね!)
頭の中での私は、背筋が伸び、さっそうと歩いているのですが、、、、
一番最初に鏡の前で歩く自分の姿、今でもはっきりと覚えています。
ぎゃーーーこれ私!!!?????えーーーーー・・・・
ものの見事にイメージがぶち壊された瞬間でした・・・
人間、いやな事は、忘れるように出来ているとの事ですが、
私、結構覚えています。。。、、、
己を知ってはじめの一歩。。よく言ったものです。。。
皆さんはどうでしたか??
わーーー私素敵!!で始った方は、軽くとばして下さい。
では、私と同じく、ギャーーーで、始った皆様、
それでは、鏡を前に、(鏡が倒れないように気をつけてね!)
壁を、背に、頭の後ろ、背中、両肩、ウエスト、ヒップ、両膝の後ろ、ふくらはぎ、かかとが壁にくっつくようにまず立ちます。
次につま先を45度に開き、アゴは引き気味にして、その状態で体を思いっきり壁に押し当ててみてください。
ウエストを壁に押し当てた時は、お腹が引っ込み、バスとが、持ち上がるはずです。
また、両膝もくっつけて!
ヒップの位置が上がった感じがするはずです!
頑張って!
指先は、自然に、下に降ろして。
呼吸も自然に。
そのまま、3分間じっと、、
汗がにじみ出てきたと思います。
今日は、ここまで、お疲れ様でした。
[PR]